プレマリン 通販

プレマリンの最安値は?プレマリンより安い商品とは?

女性ホルモン剤として最も有名なプレマリンですが、基本的に医師の処方がないと入手できません。
処方箋なしに薬局に行っても購入できません。

 

しかし、通販(個人輸入)なら医師の処方がなくても購入できるので、何らかの事情で病院へ行けない人も手軽に入手できます。

 

プレマリンを取り扱っているネットショップはいくつもありますが、値段はそれぞれ異なります。
大手のショップの価格を調べてみました。

 

プレマリン0.625mg(1箱28錠)の価格

A社:5,880円
B社:3,120円
C社:2,700円
D社:2,660円
E社:2,300円
オオサカ堂:2,285円

※価格は為替相場により日々変動します。

 

調べてみるとオオサカ堂が最安値でした。
オオサカ堂HPでは実際にプレマリンを購入した人の体験談が多数掲載されているので、興味のある方はご一読ください。

 

→プレマリンの口コミ・詳細はこちら

 

プレマリンが高すぎる!という人にはプレマリンジェネリック「プレモン」がおすすめ

プレマリンはそれほど高価な薬ではありませんが、用途によっては一日数錠服用する人もいますし、意外に月々の薬代は高くなることもあります。

 

プレマリンが高い!という人にはプレマリンジェネリック「プレモン」をお勧めします。

 

プレマリン0.625mg(1箱28錠)の価格:2,285円(1錠あたり82円)

 

プレモン0.625mg(1箱56錠)の価格1,417円(1錠あたり25円)
プレモン1.25mg(1箱56錠)の価格1,893円(1錠あたり34円)

 

プレモンはプレマリンの1/3以下の価格です。
同成分で価格がこれほど違うので、オオサカ堂ではプレマリンよりプレモンのほうが圧倒的に売れています。
なお、プレモン0.625mgより、コスパの高いプレモン1.25mgの方が人気です。

→プレモンの口コミ・詳細はこちら

 

エストロモンも安い!

プレマリンのジェネリックとしてはエストロモンの方が有名かもしれません。

 

エストロモン0.625mg(1箱100錠)の価格2,358円(1錠あたり24円)
1錠あたりの価格はプレモン0.625mgと同程度ですが、コスパはプレモン1.25mgの方が高いので、特に0.625mg錠にこだわらない方にはプレモン1.25mgをお勧めします。

 

しかし、エストロモンもプレモンと同様人気商品となっています。

→エストロモンの口コミ・詳細はこちら

 

プレモンの口コミ

プレモンは人気商品なので、ネット上の口コミも豊富です。
プレマリン・エストロモンとの違いについてや、効果についての典型的な口コミを集めました。
※表現は一部変更しています。

 

なお、プレモンを服用する目的は、
●美容のため
●バストアップ
●PMS(月経前症候群)対策
などもありますが、多くは、
●女性化目的(MtF)
●更年期障害対策

なので、口コミはこの2つに絞って調べてみました。

 

プレマリン・エストロモンとの違いについて

●プレマリンと効果は同じですが価格が安いので助かっています。

 

●効果はエストロモンと変わりません

 

●エストロモンより効果的です。

 

●エストロモンより効果が薄いのでエストロモンに戻します。

 

●味はプレモンのほうがいいです。

 

<コメント>
基本的に、プレモンとプレマリン・エストロモンの効果は同等という口コミが多かったです。
しかしながら、違いを感じたという人も少なからずいるので、若干の成分の違いがあるのかもしれません。

 

女性化目的(MtF)で使用した人の口コミ

 

●確実に女性化しています。

 

●10日程度で胸が出てきました。

 

●Aカップのブラジャーを着けられるようになりました。

 

●数日で男性機能が低下しました

 

●顔が女らしくなって、女性と間違われることもあります。

 

●気持ちが穏やかになりました。

 

●安いので助かってます。

 

<コメント>
女性化目的で使用する人の評価は高いです。
女性科目的だと一日に飲む量が多くなるので、より値段の安いプレモンは人気があります。

 

更年期障害で使用した人の口コミ

 

●体調も気分も安定しました。

 

●のぼせや発汗はなくなりました。

 

●髪にコシやツヤが出てきました。

 

●うつが改善しました。

 

<コメント>
更年期障害にもかなり効果はあるようです。

 

プレモンの副作用

プレモン(プレマリン・エストロモンも同様)の副作用として、眠気や体重増加があったという口コミがあります。
しかし、最も深刻なのは血栓ができることです。
血栓は脳梗塞の原因となって、命に関わる可能性もあります。

 

そのため、プレモンを服用する時は血栓が出来ないように、血液がサラサラになるサプリを同時接種することが推奨されます。
例えば、血管の健康をサポートし、血液をサラサラに導くとされるEPAやDHAなどを多く含んだ「クリルオイル」などが人気です。
プレモンとセットで購入するとお得です。

→プレモン+南極クリルビタミンの詳細はこちら

 

プレマリン使用体験談

プレマリンを実際に使用した人に話をうかがいました。
全員、不妊治療目的です。

 

プレマリンを用いた不妊治療(30代/女性)

結婚してから5年たってもなかなか妊娠しないため、家の近所の産婦人科を受診して多嚢胞性卵巣症候群と診断され不妊治療を開始しました。もともと生理不順で生理も来たり来なかったりで基礎体温も2層には分かれてなかったため、ほぼ無排卵になっているということで医師からとりあえずしっかり生理を28日周期でちゃんと来させれる体にしようということでカウフマン療法を勧められました。直ぐに子供がほしいというわけではなかったため気長にやりましょうということになりました。

 

とりあえず生理3日目ぐらいからプレマリン銃を服用してそのあと生理13日目ぐらいからルトラール錠を一緒に服用しました。薬は薬局でもらいましたが、門前薬局でないとあまりおいてないらしく門前薬局でないところにいくと1,2日取り寄せるため待ってくださいとお願いされました。また医師から言われた開始日と薬剤師さんから言われた開始日がよく違ったりしたので何日目から服用してというのがとてもややこしかったことを覚えています。

 

カウフマン療法は大体半年ぐらい行いました。産婦人科にかかることが月1回で受診料がだいたい1000円ぐらいで薬局に行って払う薬代がだいたい900円ぐらいでした。
効果としては体で実感することは少なかったですが2ヶ月目ぐらいから基礎体温が2層に分かれ始めました。生理前症候群が使用前結構あったのですがカウフマン療法をしている間は結構浮き沈みが少なかったように思えます。ただ飲み始めやはりホルモン治療ということでかかなり吐き気、だるさがありました。大体4か月ぐらいでおさまってきましただ慣れるまではかなりしんどかったです。頭が痛くなったりはしなかったですが、服用前と比べて服用6か月後には3kg太ってしまっていてびっくりしました。

 

6か月服用してやめて様子を見ることになりやめた後に人工授精などの本格的な不妊治療を行いました。プレマリンとルトラール錠を飲むのをやめると薬を毎日飲まなければならなかった煩わしさと副作用がなくなったのでかなり体が軽くなりました。カウフマン療法をやめても基礎体温は妊娠するまでしっかり2層になったままでした。結局顕微授精までしなくては妊娠しなかったので不妊治療に直接的にかかわったかというと微妙です。

 

プレマリンについて(40代/女性)

私は38歳の頃から不妊治療を始めました。
初めは人工授精から入りました。5回やったところで妊娠しなかったので
年齢の事も考慮して先生が体外授精をすすめてきました。
体外授精1回目は採卵して卵が3つしか取れませんでしたが、どれも授精しませんでした。
もしかしたら授精障害かもしれない、ということで次は顕微授精に移りました。

 

授精障害かもしれないので、卵巣機能不全の疑いもありプレマリンを処方されました。
プレマリンとは、結合性エストロゲン製剤の一種です。
女性ホルモンのエストロゲンは、女性の体内で卵胞が発育するにしたがって分泌されます。
エストロゲンには、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くさせ、妊娠に向けた準備を整える役割があるそうです。

 

エストロゲンの分泌量が不足すると、ホルモンバランスが崩れ、
生理不順や卵巣の病気を引き起こすリスクが高まります。また、エストロゲンには
卵胞の成熟を促す作用があるため、分泌が足りなくなると成熟した卵子が
作られなくなってしまい、不妊につながる恐れがあるとの事でした。

 

プレマリンを適切に飲むことで、エストロゲンの作用が補われ、
エストロゲン不足により引き起こされている症状の改善が期待できるそうです。

 

卵巣機能不全症、 機能性子宮出血、 卵巣欠落症状、 更年期障害、 膣炎
などに効果があります。

 

ストレスや過度なダイエットによって自律神経が乱れ、
脳から卵巣への指令がうまく出せなくなることでホルモン分泌が
うまくいかなくなることがあるそうです。
そして、卵巣機能不全によって無月経や無排卵の状態が長く続くと、妊娠しづらくなってしまう可能性があります。

 

私が服用したときの副作用は、乳房の痛み、頭痛、吐き気がありました。
そこまでひどくはなかったので大丈夫でしたが、軽い症状は続きました。
他に、発疹、腹痛、めまいといった副作用も起こることがあるそうです。

 

プレマリンを10日間服用して卵胞を成熟させ、排卵が起きた後10日間はルトラールを飲み、
妊娠しやすい体の状態を維持することを目指します。通常、服用中は排卵が起こらず、
ルトラールの服用をやめたあと数日以内に生理が起こります。

 

プレマリンを服用することで太る可能性も疑われていますが、私の場合は
確かに太りました。でもそれが薬によるものなのかストレスによるものなのかは
不明です。
さほど食べていないけれどむくんだような病的な太り方をしていました。
自己注射やいろいろな薬の投与でストレスもあり、他の薬で太った可能性もあります。

 

現在、まだ妊娠には至っておりませんが、また3度目の顕微授精に向けて
頑張ろうと思います。

 

妊娠するための効果を求めたプレマリンの利用体験(40代/女性)

妊娠するための効果をサポートしてもらうことを目的にプレマリンを利用しました。旦那と結婚してから7年間で妊娠することがなく経過してきました。
これまで子供を作るための努力を行ってきましたが、効果が現れないため、最終手段だと考えていた不妊治療薬の利用を視野に入れ始めました。
私は40歳を過ぎたため、体への負担がかからないように早いうちに妊娠する必要があると考え始めていました。不妊治療薬の利用や候補を絞るにあたり、お医者さんに相談を行いました。

 

お医者さんの意見や旦那と相談を繰り返して購入することになったのがプレマリンでした。プレマリンは、女性ホルモンの分泌を増加させるために役立てられるホルモン剤としての役割、今後に影響が心配の更年期障害にも効果があることも購入の決め手になりました。

 

私が住んでいる場所は地方であり、大きな専門店が少ないことからインターネット通販を探すことになりました。最初は遠距離のところまで出かけて購入する方向で考えていましたが、通販の方が安い価格で購入できることを知って、いくつかの購入先の候補の中からお薬なびを選択しました。

 

お薬なびは手軽に購入が可能な点と問い合わせも簡単に行えるところにも魅力を感じました。最初はお試しも兼ねて28錠入りを2700円で購入しました。その後はさらに単価を抑えられる280錠も購入しました。定価よりも安価で購入できる点もここを気に入った部分でした。

 

効果は錠剤であり、水やぬるま湯と一緒の飲めるので寒い時でも手軽に利用できました。一日に1から2錠のペースで飲み続けていきました。服用を続けることで月経前症候群による負担も和らいだ風に感じられました。服用前よりも爽やかな形で毎日の生活が送れるようになったと実感できました。
めまいや吐き気などの大きな副作用はほとんど感じませんでしたが、肌に張りを感じることが数度ほどありました。大きな副作用はなかったため、総合的には利用価値があると感じさせてくれたのは良い点でした。

 

プレマリンを服用し始めてから3年ほどが経過しましたが、残念ながら43歳を越しても妊娠はできませんでした。それでもプレマリンは女性ホルモンや更年期障害、月経前症候群などの面で効果を体感できた点、普段の生活の質を高められた部分は感謝しています。

→プレモン+南極クリルビタミンの詳細はこちら

 

<リンク集>
ケアプロスト通販 正規品最安値はココ!